ピューレパール

大人気のピューレパールとクレアフォートのどちらがオススメなのか?

ピューレパール

 

脇専用クリームとしては、最新とも言えるクレアフォートですが、すでに他社で販売されている脇専用クリームと比べてお得なのかを調べてみました。

 

今回は、国内の脇専用クリームの中では、もっともメジャーなピューレパールと比較してみましょう。

 

  クレアフォート ピューレパール
価格 8,600円 7,600円
キャンペーン価格 定期購入で4,960円※1回で解約可能 定期購入で4750円※ただし3回継続が条件
返金保証 120日返金保証 60日返金保証
内容量 30g 30g
美容成分 水溶性プラセンタエキス,グリチルリチン酸2K, ヒメフウロエキス,酵母多糖体末,プルーン酵素分解物,スターフルーツ葉エキス,アーティチョークエキス,セイヨウナシ果汁発酵液,カモミラエキス-1,ステアロイルフィトスフィンゴシン,トレハロース,天然ビタミンE,ビサボロール,加水分解ヒアルロン酸,ヒアルロン酸Na-2,水溶性コラーゲン液-4,エチルヘキサン酸セチル,トリメチルグリシン,濃グリセリン,3-O-エチルアスコルビン酸,米糖抽出物水解液A,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,キサンタンガム,ステアリン酸POE(20)ソルビタン,ジメチコン,BG,カルボキシビニルポリマー,1.2-ペンタンジオール,水酸化Kフェノキシエタノール,ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液,水添大豆リン脂質,精製水(計33種) ビサボロール,米糠抽出物加水分解液A,水溶性コラーゲン液‐4,ヒメフウロエキスヒアルロン酸Na‐,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,加水分解ヒアルロン酸,トレハロース,ステアロイルフィトスフィンゴシン,濃グリセリン,トリメチルグリシン,エチルヘキサン酸セチル,ステアリン酸POE(20)ソルビタン,カルボキシビニルポリマー,水酸化K,キサンタンガム,ジメチコン天然ビタミンE,BG,1,2−ペンタンジオール,フェノキシエタノール,精製水(計21種)
ポイント 医薬部外品  
詳細 クレアフォート公式サイト ピューレパール公式サイト

 

クレアフォートとピューレパールを成分で選ぶならどちら?

 

どちらのクリームも脇の黒ずみに対しての、ヒアルロン酸などの美白成分を含んでいます。ピューレパールは、この美白に優れているとのことでしたが、最新のクレアフォートは全く劣っていません。

 

ざっと見でもわかりますが、クレアフォートには、●●エキスと書かれた天然成分が多く含まれているために、ピューレパールと比較しても多成分で作られています。

 

たくさん種類が入っていればいいというワケではないかもしれませんが、さらに進化した美容クリームであることは察しがつきますね。

 

 

クレアフォートとピューレパールを価格で選ぶなら

 

いわゆる定価であれば、クレフォートのほうが千円も高いです。しかし、定期購入価格であれば、数百円程度の差なので、成分の数を踏まえて比較すれば、ほぼ変わらないとも言えますね。

 

どちらも定期購入での割引キャンペーンがあり、さらに安く購入できますが、ピューレパールには3回継続の条件がついてきます。途中解約できないのは、肌に合わない時には、お金を捨ててしまうようなものですが、返金保証もありますので、最悪捨ててしまうといったことはないかもしれませんね。

 

クレアフォートは、一回で解約することもできますし、ピューレパールよりも返金保証の期間が長くとってあります。と言っても、どちらのクリームも、つるつる脇までのケアを3ヶ月としていますので、実際には、一回で解約するようなことも無いかと思われます。

 

ピューレパール

 

実際には、使用感や効果は個々によって違いますので、絶対はないのですが、クレアフォートは後発の最新クリームなだけに、先駆けで登場したクリームよりも、さらに良いモノになっていると感じます。

 

クレアフォート

 

クレアフォートの公式サイトはこちらから

 


クレアフォート 脇の脱毛 脇の黒ずみ