雨の中を車で突き抜けていると、自分とこの世との境目が分からなくなることがある。このままでは危険なので、少し車を停めようか、いっそ、ファミレスに入ってコーヒーでも飲んで、このピークだけでも、やり過ごそうかと考えながら走っていると、ちょうど交通情報が流れた。都内は晴天で今夜は雨の心配がないと言う。

 

今夜。今は真夜中だ。深夜一時。そして、交通情報も一時のものだ。

 

自分はどこを走っているのかと考える。都内を走っているはずなのだ。大雨だ。前も見えないほどの雨だ。まるで水の中を走っているかのような雨だ。

 

夜。どうして深夜に今夜の、と、考えた瞬間に、ああ、自分は数日前のラジオ放送を録音して聞いているのだったと思い出す。ところが、そのことを理解しながらも、奇妙な感覚はなくならない。このまましばらく晴

 

天が続き、週末には行楽日和になると言うのを月曜日の深夜に聞いているのだ。このまま一週間近く晴天が続くのかと思った瞬間に、だから、これは録音なのだ、と、自分に言い聞かせる。言い聞かせていると事

 

故情報が入って来る。あんなところで事故ということは、やはり、ファミレスなどに入ったほうがいいか、と、そう思い、またもや、自分が混乱していることを知る。

 

 

耳垢が湿っている / 重度のワキガのほとんどの人は耳垢が湿っているといわれています。逆に乾いていれば心配ないと言って良いでしょう。
衣類に黄色いシミが出来る / 衣類を繰り返し着ていれば下着など首周りをはじめ黄ばんできますが脇の部分が箔他の部分より早く黄ばむ、濃いといったことがあればワキガの症状が疑われます。
親族ににわきがの人がいる / ご両親のどちらかがワキガだと遺伝でワキガになる割合は3〜5割とも言われています。
肉、乳製品の食事が多い / 肉類を多く食べると脇に限らず体臭そのものが臭いだすようになります。ワキガの原因であるアポクリン腺の活動が活発になったり、1週間肉を食べるのをやめたら臭いが軽減されたといった口コミもあるため、気になる方は肉製品を食べる量を減らしてみるのも対策の一つです
人より毛深い / アポクリン腺は毛根に付随しているような形であわせて毛根付近にある皮脂腺と混ざりあうことで悪臭を発します。わき毛の量が多いと臭いの原因も多い可能性があります。

参照:わきが治療対応

 

助手席側の窓から、その向こうの車線を見るが、何も見えない。遠くに明かりは見えるものの、隣の車線の車の動きなどは掴めない。

 

このあたりに、いつも寄るところのファミレスがあったはずだと思うのだが、あまりの雨に風景が違ってしまっているのだ。ファミレスの赤い明かりを見つけることが出来ない。

 

左に寄せようとするのだが、隣の車線にはたくさんの車が走っているようにも見えるし、何も走っていないようにも見える。

 

ラジオは週末の行楽情報を伝えていた。まだ、真夏だというのに紅葉に間に合うというようなことを言っている。いったい、いつの録音を聞いているのか、と、自分のことながらに呆れたりする。

 

その内には、ラジオが正しくて自分の感覚こそが間違っているのでは、と、思いはじめる。今は秋で時間は昼なのかもしれない。この雨が何もかもを狂わせたのかもしれない。

 

そもそも、自分は、今、本当に生きているのだろうか、と、それが不安になる。録音のラジオを切って、深夜放送に切り替えるべきだろうな、と、そう思ったところで、前方にファミレスの看板が見えた。用心深く左車

 

線を見ると車の気配がない。ゆっくりと車線を変更しファミレスに入る。ファミレスに入ると、いつもの音楽は聞こえるが激しい雨の音は消えていた。大雨だからだろうか、他にお客のいる様子がない。しかし、店員の顔には覚えがある。

 

 

いつもなら、絶対に食べないフレンチトーストを食べた。ふわふわで熱々のパンとシロップが気管に引っかかり、甘い咳になって鼻腔を刺激した。

 

この時間に自分は何というカロリーのものを食べているのだと後悔した瞬間に、ようやく現実に帰れた気がした。悪夢から醒めた、と、そんな気分だった。

 

目の前には一口しか食べていないフレンチトースト。メープルシロップの香り。二口目を口に入れると美味しかった。窓に顔を押し付けるようにして外を見ると、すでに雨は上がっていた。

 

生きていた。しかし、あれが死の入り口だとするなら、それも、なかなか悪くない、と、そんなことを思いながら夜中にフレンチトーストを完食した。

 

たまにはいいか。


クレアフォート 脇の黒ずみの治し方