情報収集への苦労

●情報収集に苦労

 

「保活」が健全な保育園選びとさえ言えない状況を改善することはできないのか。

 

 厚生労働省が今年3月の「待機児童解消緊急対策」に基づいて実施した「『保活』の実態に関する調査」によると、保活で最も苦労や負担を感じたこととして、回答者の4〜5割が「市役所などを何度も訪問」と「情報収集」をあげている。保育園に関する情報がもっと整理されれば、無用な焦りや不安を生まず、保活の苦労は減るのかもしれない。

 

 月間7万6千ページビューがあるブログ「東京23区保育園マップ」は、自宅近くの保育園の空き状況が一覧できるようになっている。運営しているファイナンシャルプランナーの30代夫婦は、第1子の保活中、保育施設の種類や申し込み方法がわかりづらく途方に暮れた経験から、マップを作った。

 

「育児に追われながら、決められたタイミングで職場復帰できるのかという不安を抱きつつ、細々とした事務手続きをするのは大変。送迎できる範囲にどれだけ保育施設があるのかを楽に把握できれば、親にとって一つの安心材料になるのでは」

 

 政府は待機児童解消のため、育休を最長2年程度にする方針を示した。同時に、保活のために親が育休を切り上げたり延長したりせずに済むような保育政策も求められている。(編集部・小林明子)

 


クレアフォート 脇の黒ずみの治し方