キレイになりたい

>>子育てしながら働くという当たり前のことができない

 

かなり、特殊な事だとおもいます。

 

一億総活躍って、全員参加型の社会を目指す政策で、少子化対策のための一環として子育て支援を言っています。
会社を辞めても食べていける環境であるのなら、問題はないのでは?仕事に傾注したければ、旦那と相談して、旦那に会社を辞めてもらうという手段もあるわけですよね。

 

一億総活躍

 

って、夫婦共稼ぎ推奨じゃないですよね?
女性の社会進出推奨は、家庭を支える女性を淘汰する政策じゃありませんよね。
働くことを望む女性が、働く機会を奪われないようにする政策ですよね?

 

育児が働く機会を奪う

 

という考え方がそもそもおかしな話で、子供を育てて社会に送り出すのも立派な仕事だと思うんですがね。

 

どう考えても無理でしょ?

 

子供を育てて、フルタイムで働いてって。

 

親と同居で、親に子供の面倒を見てもらう。
旦那がパートで働き、旦那が子育てをする。

 

保育園ありきの女性の社会進出案自体が、歪んでいるんですって。

 

例えば日本が、アメリカのような2重構造の社会で、低所得者層が低所得者として生きていける環境にあるのであれば、ベビーシッター等の充実もあり得ますが、悲しい事に日本は、ほぼ完全な平等社会で、低所得者層が低所得者として生きていくのが困難な社会です。
ですから、給与水準が平均化し、個人で人を雇うのが困難な社会になっています。

 

あるいは、ヨーロッパ諸国の様に国の福祉の充実を求めるのであれば、ヨーロッパ並みの税率にする必要があるのではないのでしょうかね。

 

消費税率20%

 

所得の半分を税金として差し出す。

 

この位やって、国の全面的な支援を受けているのですが、これもダメなのですよね?
逆に、税率が高すぎるから、単独の世帯収入で生活するのが困難なため、国の制度を使って共働きとなっています。
これが、ヨーロッパ型というのか、女性の社会進出の構造ですよね。

 

では、日本は?

 

というと、平等を訴えるから、2層構造も作れず、税率をあげると、政権が危うくなるからあげる事すらできない。

 

無理でしょ?

 

だいたい、自分の子供を他人預けて安心できるんですかね?
躾を他人任せで不安にならないのでしょうか。

 

当たり前と言うのであれば、子供は、自ら育てる方が当たり前なのではないのでしょうかね?
幸い男女平等が進んでいて、会社も能力主義で必ずしも性が不利にならない状況が整いつつあります。逆に、働くことに向かない男性は、会社に居場所がなくなりつつあるのではないのでしょうかね?

 

バリバリ働きガンガン稼ぐ旦那が居て、自分もバリバリ働きガンガン稼いで、子供は他人任せなのですか?
社会に出て、バリバリ働きたいのであれば、なんで、家庭を支えてくれる旦那と結婚しなかったのかとても不思議です。

 

なんで?

 

妊娠後期から、出産後数週間で会社に復帰しているのが、欧米アジアの産休の一般的な期間ですよ。せいぜい、半年程度だから、職場の受け入れ態勢の維持が当然という話になっています。
日本の場合は、

 

最長1年半ですよ。

 

半年程度であれば、長期出張等で職場を離れた程度でしょうけど、1年半なら、転勤レベルですよね。
普通に転勤であって、元の職場に戻ったとしても、同じ仕事に就ける保証はありませんよね?
それを法的にやれといっているんですよ。

 

企業に対して相当の負担を強いるのは想像できますよね。

 

自分が前にでていないと、活躍しているとは思えないのでしょうか。
家庭を守り、子育てをし、前線で頑張る旦那を支えるのも立派な活躍だと思うんですけどね。
なんで、そういう話が出てこないのかとても不思議です。
あるいは、自分が働きたいから、自分を支えてくれる夫と結婚しましたって話にはならないのでそうかね。

 

定時で上がれて、責任を負わず、好きな時に有給取って、できれば楽な仕事を欲している男性社会人が結構な数いるわけですよね。
二昔位のOLの感覚の男性社員がいるわけですよ。

 

そういうのと結婚すれば良いのでは?

 

男性の育休も認められているわけですから、夫に育休を取ってもらい、それでも保育園に入れられなければ、夫に会社を辞めてもらい、子育てに専念してもらう。

 

これが普通の感覚にならなければ、これ以上変わりようが無いと思うんですよね。

 

>>保活のために帝王切開での出産を1カ月早めた。

 

ここまでやる?

 

>>医師に訴え、1カ月前の出産にしぶしぶ同意してもらった。

 

ここまでやってまで、働くことに執着するの?
そんなに、稼ぎの悪い旦那と結婚したの?
そんなにお金が足りないの?
子供を育てて、家庭を支える事にやりがいを感じられないの?

 

なぜ?
どうして?

 

と、毎回この手の話をみると思ってしまうのですが、なぜ、どうしてが消えません。

 

大した仕事もできないんだから、家庭に納まって、主婦業に専念したら?
すんごく仕事ができるんだから、子供の面倒を見て、家庭を支えてくれる人と結婚すれば?

 

って、同じベクトルの話だと思うんですよね。
所が現実は、

 

すんごく仕事ができるわけでも無いけど、仕事をガンガンやる旦那と結婚して、自分も会社に執着し、子供は国に面倒を見てもらう事を欲する人が結構な数いらっしゃるって事なんですよね。

 

病んでませんか?
人として何が大切なのか見失っていませんか?
その狂気を指摘してくれる友達は居ないのですか?
何が当たり前なのか取り違えていませんか?

 

追記:16/08/21 23:55

 

ワーキングシェアリングという働き方があります。
日本に馴染まないので、普及していませんが、一つの仕事を複数人でシェアし、短時間勤務をする働き方です。

 

日本では仕事は責任をもって一人でするもの。

 

という考え方があり、それをシェアするというのが馴染まないようです。
それなりの能力がある人が、短時間しか勤務が出来ない時はとても有効だと思うのですがね。
働くことに執着するのなら、そういう働き方を会社に提案してみては如何でしょうか。
案件を絞って取り組めば、シェアの相手は、何も短時間勤務者である必要は無いと思うんですよね。

 

まぁ、無理でしょうかね。


クレアフォート 脇の黒ずみの治し方